新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましては健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きまして誠にありがとうございます。

 2021年は年明けから新型コロナウィルス感染症の拡大により、働き方や生活様式、社会そのものが大きく変化しました。同時に対面や移動の制限等もありお客様への接し方も変わりました。また、リモートワーク、ワーケションなど今まで日本ではあまり定着の無い事も進み、ますます働き方の多様化が進んで参りました。

 さて、弊社では競走馬の生産、育成の一貫体制にて強い馬作りに日々励んでおります。生産では安全に出産まで迎えるための環境整備を行っております。病原菌の媒介を防ぐため、牧場間の行き来を制限しています。育成においても広い放牧地と栄養価の高い牧草作りを特に意識しております。個々の馬によって成長スピードが異なってきますが、その馬ごとの特性をよく見て調教進度を変えています。育成部門の中にはイヤリングチームを設けており、生まれてから競走馬になるまでに必要な準備を十分に行うことで本格的な調教にスムーズに移行できるようにしております。また、育成からトレセン入厩まで、トレセン入厩後から競走馬、繁殖入り、乗用馬への転用などまで、競走馬の一生のすべての局面において、責任を持って関与させて頂きたいと考えております。これも人とサラブレッドとの信頼関係を深めるとともに、個々の馬の性格を把握し、怪我やストレスを与えず「幸せな馬」を育てることが我々の役割だと考えているからです。

 最後に本年が皆様にとって実り多き幸せな年になることをお祈り申し上げます。何卒変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

令和4年1月1日
株式会社クラウン
代表取締役 矢野恭裕